影のない女 ハンガリー国立歌劇場

チケットを購入する
MAR 2022 Next

影のない女 Die Frau ohne Schatten

 

作曲:リヒャルト・シュトラウス

台本:フーゴ・フォン・ホフマンスタール

初演:ウィーン1919年10月10日

時と場所:架空の時代 東洋のとある島

 

あらすじ

東洋のとある島。白いカモシカに化していた霊界の王カイコバートの娘は、狩に来ていた皇帝の鷹に追われ捕らえられた。皇帝は美しい女の姿に戻った彼女を愛し皇后に迎えた。しかし霊界の女である皇后には影がなく、霊界の女と結婚した男は1年以内に子どもが出来ないときは石になるという掟がある。霊界の王カイコバートはあと3日で娘を取り戻せることになっている。

第1幕

第1場:皇帝の庭園のテラス

夜、霊界の使者が現れ、乳母に皇后の影がまだないかと問う。乳母もまた霊界の女であった。使者が去った後に皇帝が現れ、カモシカに姿を変えた皇后を捕らえた様子と、皇后への愛を歌う。皇帝は狩に出かける。皇后は皇帝への愛を一人思うが、そこに赤いあの鷹が現れ、「皇后は影をもっていない、皇帝は石になる」と悲しげに歌う。はじめて事情を知った皇后は驚き、乳母に影を得る方法をたずねる。人間の邪悪さを知る乳母は答えに躊躇していたが、皇后のけなげさに打たれ、影を得るために二人で人間界へ下りていく。

第2場:染め物師のバラクの家

バラクの兄弟が喧嘩をしている。妻は彼らを追い出したいが、バラクは兄弟を扶養していることに誇りを持っている。バラクは子どもが欲しいが、妻はそれを断り続けている。そこにみすぼらしい姿をした皇后と乳母が現れる。乳母はバラクの妻に、魔法で豪華な家や若い男の姿を見せ、影を売って欲しいと願う。バラクの妻は承知するが、そのため二人は三日間女中として仕えることになる。乳母は魔法で五匹の魚を出して鍋に入れる。鍋の中からは「生まれていない子供の声」が聞こえる。

 

第2

第1場:染め物師の家

バラクが出かけると、乳母は魔法で若い男を出し、バラクの妻に誘惑する。バラクが妻のためにご馳走を持って帰るが、妻は食べようとしない、体の不自由な兄弟や乞食の子供らが群がる。

第2場:狩小屋

月夜、皇帝は赤い鷹に導かれ狩小屋に行く。皇后が人間界に下りた理由を聞き、自分が石になる運命を知る。そこに皇后と乳母が帰ってくる。嘘をついた皇后を殺さねばと思いながらも、皇后を愛する皇帝。

第3場:再び染め物師の家

乳母は再び若い男を出し、バラクの妻に誘惑する。心が揺れる彼女だが、結局何も出来ない。

第4場:狩小屋の皇后の寝室

皇后はバラクの悲しげな夢を見て、良心の呵責に悩む。さらに皇帝が石になる夢を見て悩み苦しむ。

第5場:再び染め物師の家

遂に約束の三日目である。昼間なのにあたりが暗くなり稲光と雷鳴が響く中、バラクの妻は自分が不貞をはたらき、もう子どもは生まないので影を売ったとバラクに告白する。驚いたバラクが妻を見ると、もう影はない。しかし皇后はこの影を受け取ろうとしない。バラクは怒り剣で妻を殺そうとするが、妻は一途な夫に愛を感じ、不貞が嘘だったと真実を述べる。この瞬間大地が割れ、バラク夫婦はその割れ目に飲み込まれる。

 

第3幕

第1場:地下の世界の穴倉

バラク夫婦が分厚い壁に隔てられて座っている。バラクの妻は夫に許しを請い、バラクは優しくこれに答える。二重唱「愛にゆだねられ」天上の声「道は開かれた…天上へのぼれ」

第2場:霊界の入り口

眠っている皇后と乳母をのせた小舟が現れる。目覚めた皇后は、父親である霊界の王カイコバートに、皇帝の助命を嘆願するため神殿に入ってゆく。

第3場:霊界の神殿の中

皇后を霊たちが迎える。皇后はバラクと彼の妻との愛を見て、影を奪うことが出来なかったとカイコバートに告白し、人間界で住む許しを請う。そこに黄金の泉がわき上がる。これを飲めば影が得られ、皇帝も助かるが、バラクの妻は影を失い、子どもを産むことが出来なくなると言われる。さらに石になった皇帝の姿も見えるが、皇后は決して泉の水を飲まない。その時皇后の姿に影が落ち、皇帝も蘇る。舞台は明るくなり、二人は抱擁して愛の二重唱を歌う。

第4場:黄金の滝のある美しい風景

バラクと妻が別な方向から現れ感激の抱擁をする。皇帝と皇后も加わっての喜びの四重唱。子ども達の合唱も重なりハッピーエンドとなる。 (幕)

プログラムとキャスト

ハンガリー国立歌劇場

ハンガリー国立歌劇場(ハンガリーこくりつかげきじょう、ハンガリー語: Magyar Állami Operaház)は、ハンガリーの首都ブダペストにあるネオルネッサンス建築の歌劇場。

 

概要

 

1858年創設。グスタフ・マーラーが音楽監督を務め、黄金時代を築いた。以後、エルネー・ドホナーニやフェレンツ・フリッチャイ、オットー・クレンペラー、ヤーノシュ・フェレンチクらが歴代音楽監督として名を連ね、リヒャルト・シュトラウス、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤンなどの巨匠達も客演指揮を行っている。

初演された主な作品に、バルトークのバレエ「かかし王子」(1917年)、歌劇「青ひげ公の城」(1918年)や、コダーイの歌劇「ハーリ・ヤーノシュ」(1926年)がある。

歌劇場の専属オーケストラはブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の名称で知られている。

なお、同じくフリッチャイやフェレンチクが音楽監督であったハンガリー国立交響楽団(現ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団)は、この歌劇場のオーケストラとは別団体である。

類似したイベント