ブダペストフェスティバルオーケストラ

チケットを購入する
JUN 2023

私たちが座って、一度にAntonínDvořákの作品全部を聞くならば、私たちは3日半の間、私たちの椅子を離れることはありません。ブダペスト・フェスティバル・オーケストラは、彼の作品からわずか1時間しか演奏されませんが、その時は1000色で点滅します。これらの作品のほとんどは、彼の人生の最も生産的な時間であるドヴォルザークの「スラブ時代」に書かれたものです。ドヴォルザークは彼の伝説(1881年)とスラヴ舞曲(1878年)をピアノデュエットとして書いていたが、その後はオーケストラ作品にしか適用されなかった。


ブラームスは、彼の偉大な前任者であり、インスピレーションを受けただけでなく、これらのサイクルの大きな賛辞でした。伝説は、その繊細さ、親密さ、叙情性のおかげで、エネルギッシュな、時には華やかなスラブ舞踊のカウンターポイントと呼ばれています。ドヴォルザークはスラブ時代以前の合唱のほとんどを作曲し、ここで聞く作品はオーケストラ自身が歌います。チェコの師匠は鉄道を崇拝した。彼はすべての交響曲を蒸気機関車を発明するものに交換していただろうが、幸いにも私たちにとっては物事は異なっていた。彼の交響曲第6番(1880年)は、暖かさと静寂を放つ、純粋な夏の幸福で、チェコの田園地帯の魔法で脈打っています。


ドヴォルザークの祖先は、チェコの首都でベートーヴェン自身がピアノ協奏曲第1番(1798)を演奏したとき、プラハ近郊の小さな村で飼い主と肉屋として生計を立てていました。ブダペストフェスティバルオーケストラは、2001年モントリオール国際ピアノコンクールで最優秀賞を受賞した後、彼の国際的なキャリアの急上昇を楽しんだ若いゾルタンフェジャヴァリと一緒にこの作品を演奏します。

プログラムとキャスト

ブダペスト・フェスティバル・オーケストラ
リゲティ 100
リゲティ: Síppal, dobbal, nádihegedűvel
リゲティ:チェロ協奏曲
リゲティ:詩交響曲
リゲティ:コンサート・ロマネスク
リゲティ:サンフランシスコ・ポリフォニー

カタリン・カーロイ(メゾソプラノ)、ミクローシュ・ペレニー(チェロ)
ブダペスト音楽祭管弦楽団
指揮:ゾルタン・ラーツ

4月15日

ブダペスト・フェスティバル・オーケストラ

バロックコンサート:テレマン、ファッシュ、ヘンデル

テレマン:管弦楽組曲ト短調(「ラ・ミュゼット」)、TWV 55:G1
ファッシュ:シンフォニア ト長調 FWV M:G5
テレマン:3つのヴァイオリンのための協奏曲 ヘ長調 TWV 53:F1

休憩

ヘンデル:協奏曲 ハ長調 HWV 329 [Op. 6/11]
ヘンデル:アルミダ・アバンドナータ – カンタータ HWV 105

ステファニー・トゥルー(ソプラノ)、ミドリ・ザイラー(ヴァイオリン)
Sigrid T'Hooft (バロックジェスチャー)
ブダペスト祝祭管弦楽団(芸術監督:ミドリ・ザイラー)

リスト・フェレンツ音楽大学

リスト・フェレンツ音楽大学(リスト・フェレンツおんがくだいがく、ハンガリー語: Liszt Ferenc Zeneművészeti Egyetem リスト・フェレンツ・ゼネミューヴェーセティ・エジェテム, 通称:音楽院 Zeneakadémia ゼネアカデーミア)は、ハンガリーの首都ブダペストに拠点を構える音楽大学である。リスト音楽院やフランツ・リスト音楽院などと表記されることもある。略称:LFZE。

 

1875年、作曲家リスト・フェレンツ(フランツ・リスト)により創立。第1の校舎(3階建ての新ルネサンス様式建造物)はラーング・アードルフ(英語版、ハンガリー語版)によって設計され、1877年から1879年にかけて、現在のアンドラーシ通り沿いに建てられた。こんにち、この建物は「旧音楽院」と呼ばれ、かつての役目はファルカシュ・ゾルターンが1934年に作った飾り額に記されている。

 

その後、音楽院は新たな校舎が必要となり、1907年に完成、旧校舎は売却された。音楽院が旧校舎の買戻しを行ったのは、1980年代に入ってからである。

 

現在、アール・ヌーヴォー様式の新校舎はブダペストの最も著名な建築物の一つに数えられている。当時の文化大臣ヴラッシチ・ジュラ(英語版、ハンガリー語版)男爵の要請により、コルブ・フローリシュ(英語版、ハンガリー語版)とギールグル・カールマーン(英語版、ハンガリー語版)によって設計された。その外観には、シュトローブル・アラヨシュ(英語版、ハンガリー語版)によるリストの彫像が聳え立っている。建物の内部はフレスコ画、ジョルナイ(英語版、ハンガリー語版)陶芸、幾つかの彫像(バルトーク・ベーラを含む)によって装飾されている。当初、この建物にはロート・ミクシャ(ハンガリー語版)によるステンドグラス窓も存在した。新校舎は修復のために2010年から閉鎖されていたが、2013年に修復を終え、高等教育およびコンサート会場としての、ブダペストの音楽生活における中核的機能を取り戻した。

 

教育上の特色として、学生に複数の楽器を扱うことを求めている。打楽器科でも鍵盤楽器は必修とされ、創立者リストの音楽思想が受け継がれている。

類似したイベント
ブダペストアリーナ
ブタペスト - ブダペストアリーナ
公演: 日 16 JUL 2023,
観光クルーズ
ブタペスト - ブダペストツアーとクルーズ
公演: 土 10 JUN 2023,
観光クルーズ
ブタペスト - ブダペストツアーとクルーズ
公演: 土 10 JUN 2023,
観光クルーズ
ブタペスト - ブダペストツアーとクルーズ
公演: 土 10 JUN 2023,
ブダペストアリーナ
ブタペスト - ブダペストアリーナ
公演: 月 09 OCT 2023,
観光クルーズ
ブタペスト - ブダペストツアーとクルーズ
公演: 土 10 JUN 2023,