パルジファル エルケル劇場

パルジファル


作曲:リヒャルト・ワーグナー

初演:1882年7月26日 バイロイト、祝祭劇場

台本:作曲者ワーグナー自身による(ドイツ語)


あらすじ

時と場所:中世、スペインのモンサルヴァート城


第1幕

スペインのモンサルヴァート。老騎士のグルネマンツが大樹の下で、2人の従者たちと眠っている。彼はゆっくりと起き上がり、アンフォルタス王が湯浴みをする時間だと、従者たちをせき立てる。そこへ2人の騎士が来て、届けられた薬草が全然効かなかったと告げる。すると突然従者が、勇ましい女の騎手が来ると叫ぶ。騎士はあれは、クンドリーだと答える。彼女は王のために、アラビアから薬を持って来たのだった。王が輿に横たわった姿であらわれ、彼女から薬を受け取り、湯浴みするために去る。グルネマンツはこれまでの経緯を語る。「魔術師クリングゾルの呪いを受けたクンドリーは、その手先になってしまった。クリングゾルの誘惑に堕ちた王は聖なる槍を奪われ、その槍で傷つけられ、その傷に悩まされるようになる。そして神託が下り、『共に苦しみ知を得る清らかな愚者、神に選ばれた彼を待て』の言葉が聞かれる。」以上がグルネマンツの昔語りで、このとき湖から叫び声が聞こえる。一羽の白鳥が傷ついて、グルネマンツの傍らに落ちる。やがて襤褸をまとった1人の青年が、騎士に引き立てられて来る。彼がパルジファルで、神の使いの白鳥を狙ったと白状する。グルネマンツからその非行を諭され、パルジファルは大いに反省して弓矢を折ってしまう。クンドリーがこの青年の生い立ちを語り、それを聞いたグルネマンツは、彼こそ神託の愚者かも知れないと考え、聖杯の儀式を見せるために、寺院へ彼を導いて行く。
場面は寺院の中に変わり、聖杯の前で愛の聖餐が行なわれる。王が輿に乗ってあらわれ、先王のティトゥレルの声が響き、聖杯の覆いをとることを命じる。すると聖杯に一筋の光が射し、王は聖なるパンと酒を騎士たちに分け与え、輿に乗って去っていく。じっとみていたパルジファルに、グルネマンツはこの式が分かるかと訊ねる。パルジファルは,無言で首を横に振る。グルネマンツは怒って、パルジファルを聖域から追い出す。天井からは不思議な、神託の合唱が聞こえて来る。


第2幕

クリングゾルの城。クリングゾルが魔法の鏡を眺めながら、眠りにおちていたクンドリーを起こす。彼は鏡に映った1人の愚者を誘惑せよと命令する。だが彼女は相手が、愚という楯を持っているので、征服しにくいと答える。パルジファルが登場すると、クリングゾルは魔法で世にも美しい庭園を出現させ、魔女たちに愚者を誘惑する合唱をさせる。魔女たちは官能的で魅惑的な、誘惑の歌をうたい始める。彼は子供のように無邪気で、反対に魔女たちは、彼を我がものにしようと争いを始める。嫌気がさしたパルジファルが、その場を去ろうとすると、クンドリーが絶世の美女の姿になって、彼をなまめかしく呼び止める。彼は長いあいだこの名前で呼ばれたことがなかったので、驚いて立ち止まり、自分の名がパルジファルだったのを思い出す。そしてクンドリーは情熱を傾けて、彼の母親ヘルツェライデのことを語り始める。彼は母の自分に対する愛の深さを初めて知り、そうとは知らずに1人置き去りにして、心痛の余り死に至らしめたのを後悔し、思わず悲痛な叫び声を上げる。クンドリーは彼のその気持ちを慰めると称して、彼の口に熱烈なキスをする。そしてこのキスが、聖杯を守る騎士たちの運命を左右した餌だった。パルジファルはこのキスのために、哀れな王アンフォルタスを思い起こし、そして改めて恐怖を感じるのだった。またクンドリーは自分の誘惑が、功を奏さなかった結果を意外に感じる。彼女はクリングゾルに助けを求め、彼は王から奪った聖なる槍を持ってあらわれ、パルジファルに投げつける。ところが不思議なことに、槍はパルジファルの頭上で空中に止まる。逆にパルジファルがその聖槍で十字を描くと、物凄い音響とともにクリングゾルの城は崩れ落ち、魔法の花園は荒涼とした荒地になり、クンドリーは絶叫してその場に倒れる。するとパルジファルは、彼女に一瞥をくれてその場から立ち去る。クンドリーの目はどこまでも、パルジファルの姿を追っている。


第3幕

モンサルヴァートの森の夜明け。第1幕の数年後で、グルネマンツはすっかり年老いている。隠者のような生活をしていて、今日は小屋の外にクンドリーが倒れているのを見つけて、介抱に余念がない。意識を取り戻したクンドリーは、グルネマンツとともに、黒い甲冑に身を包み槍を手にした、1人の騎士が近づいて来るのを目にする。それがパルジファルとは知らぬグルネマンツは、今日は聖金曜日だから武器を手にしてはならないという。するとパルジファルは槍を地に突き刺し、跪いた祈りを捧げ、やがて名乗りを上げた後、これまでの苦痛の遍歴を語る。そしてこの槍が、アンフォルタス王の失った聖槍であるのを発見して、グルネマンツはいたく感動する。また彼はパルジファルに、王の苦痛がより激しくなったこと、先王のティトゥレルが亡くなったことなどを話す。クンドリーはパルジファルの足を、聖なる泉の水で洗い清め、グルネマンツは彼を王の御前に案内するといい、パルジファルに洗礼を施す。洗礼の儀式の後、パルジファルが聖なる水をすくって、クンドリーの頭上にふりかけると、彼女このとき初めて泣くということを知り、地上によよと泣き崩れる。パルジファルは恍惚として、森の方角を眺望すると、呪いから解放されたように輝いてみえる。これをみてグルネマンツは、聖金曜日の奇跡だと喜びを込めてうたう。クンドリーが感謝と尊敬の眼差しで、パルジファルをみると、彼はクンドリーに口づけを与える。遠くから鐘の音が響いて来ると、グルネマンツはパルジファルに、聖杯守護の騎士のマントを着せクンドリーとともに、ゆっくりとグルネマンツの後ろにしたがう。
聖杯の寺院の内部。一方からティトゥレルの棺が、もう一方から病床のアンフォルタス王が、騎士たちによって運び込まれる。王は先王の棺を開かせ、父親の屍に悲しみを込めた祈りを捧げ、その後騎士たちに支えられて不治の槍傷を指し、悩める罪人に死を与えよと叫ぶ。誰にも気付かれずにそっと入って来たパルジファルは、「唯一の武器、汝を傷つけた槍のみが、傷を癒すことが出来る」といい、聖槍の穂先を王の傷に触れると、不治の傷はたちまち治り、王の顔は明るく輝き始める。するとパルジファルは中央に進み出て,聖槍を高く掲げて、この槍をクリングゾルから奪い返したと、全員に報告する。また彼は壇の上に登り、聖杯をおし戴き跪いて祈りを捧げる。やがて聖杯はかすかな光を放ち始め、寺院の内部はこの世のものならぬ光に照らされる。並み居る聖杯守護の騎士たちや、衛士と少年たちは、神を讃美する合唱を始める。そこへ白い鳩が舞い降りて来て、パルジファルの頭上を嬉しげに飛び回る。こうした光景をみていたクンドリーは、パルジファルの足元に倒れ、そのまま息を引き取ってしまう。パルジファルは聖杯を捧げ、跪いて祈りを捧げるアンフォルタス王やグルネマンツに、それぞれ祝福を与えゆるやかに幕が降りるが、この後も後奏の音楽が続けられる。

プログラムとキャスト

<スタッフ・キャスト>

 

指揮:Balázs Kocsár

アムフォルタス:Michele Kalmandy

ティトゥレル:István Rácz

グルネマンツ:Gábor Bretz

パルジファル:István Kovácsházi

クリングゾル: Károly Szemerédy Szemerédy

クンドリー:Andrea Szántó

第1従者:Eszter Zavaros

第2従者:Anna Fürjes univ. Deckrüde.

第3従者:János Szerekován

第4従者:Gergely Ujvári

花の乙女:Lilla Horti

花の乙女:Ildikó Megyimórecz

花の乙女:Lusine Sahakyan

花の乙女:Rita Rácz

花の乙女: Sárközy Xénia

花の乙女: Melinda Heiter

花の乙女: Gabriella Balga

 

演出:András Almási-Tóth

舞台装置:Sebastian Hannak

衣装:Izsák Lili

振付:Dóra Barta

脚色:Enikő Perczel

合唱指揮:Gábor Csiki

チケットを購入する
APR 2020 Next

エルケル劇場

もともと1911年にオープンした、エルケル劇場ハンガリー最大の劇場の建物です。その歴史は、すべての音響オペラ伝説と考えられている建物の舞台を飾ったルチアーノ·パヴァロッティ、プラシド·ドミンゴ、エヴァマートングレースバンブリーのような著名人で、ハンガリーのオペラ公演の黄金時代と密接に絡み合っている。 

 

2007年に閉鎖を、次の疑問が、その運命に5年以上までシャッターをされた後、ハンガリー政府は昨年、ハンガリー国立歌劇場が適した規格にエルケル劇場を改装することができ、劇場の更新のための補助金17億フォリントを提供性能を保持する。 

 

改装の多くは、ソリスト、共有ドレッシングルームと改装と拡張共用エリアで、舞台裏で行われました。建物のサービスシステムは、(水、配管、暖房、換気)も最新の状態にしてきたほか、舞台の技術的な装置は、重要な近代化を施しました。 

 

あらゆる努力は、建物の素晴らしい音響特性が変化しなかったことを確認するために行われている間聴衆は今、完全に新しい表情で講堂にステップインします。大幅に快適性を向上します要因は、座席エリアに設置され近代的な換気システムです。席数は、より多くの快適さのための座席の列を再装着により1819まで1935から減少してきたが、劇場はそれにもかかわらず、ハンガリーで最大容量の劇場としてその地位を保持して - と東欧中央ヨーロッパ。

類似したイベント